肝斑に効く薬

MENU

肝斑に効く薬|原因から正しく選ぶ

肝斑薬

 

肝斑の原因ってなんだと思いますか?

 

肝斑は、両頬の高い位置に左右対称に出来るシミです。30代〜40代、更年期に多いシミですが、早い方だと20代でも出来てしまう人もいます。その原因は、一般的な顔のシミと違い紫外線ではなく、女性ホルモンの乱れが原因になります。

 

ただし、肝斑は紫外線を浴びることでさらに濃くなり改善しにくくなるので紫外線対策は欠かさないことが大切です。また、肝斑はレーザー治療が不向きなシミであり一番有効な改善策が内服薬になります。

 

肝斑に効く薬といえば、「トラネキサム酸』配合の薬

肝斑薬トラネキサム酸

肝斑に効くとされている成分が「トラネキサム酸」です。市販薬でいうと、「トランシーノA」などがそれにあたります。

 

ただ、「トラネキサム酸」は副作用が強く、体質的に服用できない方もいます。トラネキサム酸とは、止血剤としての働きがあり肌の内側からシミを抑制するものです。

 

そのため、血栓ができやすい人(動脈硬化)などがある人には処方できないものなのです。また、市販のトランシーノも第1類医薬品に分類され一般的な薬と比べ副作用の強い医薬品なのです。

 

また、肝斑の原因でもある女性ホルモンの乱れには直接作用するお薬でもありません。トラネキサム酸配合のお薬が欲しい方は、一度美容皮膚科などに相談することをおすすめします。

肝斑に効く薬は女性ホルモンの乱れを整える薬

肝斑に効果があるのは、「トラネキサム酸」だけではありません。肝斑には生薬成分などがとても有効なのです。

 

生薬成分は、肌の代謝促進、女性ホルモンの乱れを整える働きがあり、老人性色素斑だけでなく、肝斑にも高い効果が期待出来ます。

 

肝斑に効く薬は、女性ホルモンの乱れを整え、メラニン色素を抑制、排泄の効果がある薬を選ぶようにしましょう。

肝斑の原因にアプローチできる薬ランキング

”肝斑の原因にアプローチできる薬ランキング”は、肝斑の原因である「女性ホルモンの乱れにアプローチできること」「美白有効成分が含まれていること」、「口コミ」「評判」を総合的に評価し、さらに当サイトの「クリック数」「アクセス数」よりランキングしています。

 

肝斑薬トラネキサム酸

ロスミンローヤルの特徴

【国内唯一】シミ、小じわに効く医薬品がロスミンローヤル。

生薬成分と美白有効成分を含み、女性ホルモンのバランスを整え、血行を促進、メラニン色素の抑制排泄する効果があります。女性特有の不調にも高い効果が期待できたり、トータル的なエイジングケアとして評判がとても高い。

価格 7600円初回1900円
評価 評価5
備考 初回75%オフ|送料無料
ロスミンローヤルの総評

女性ホルモンの乱れも整えることができるシミに効く医薬品で、肝斑の原因にもしっかりアプローチすることができます。

シミに効く薬の中で今一番評価が高いのが「ロスミンローヤル」です。

 

 

肝斑薬シミトール

シミトールの特徴

ビタミンCの含有量トップクラスの医薬品が「シミトール」。

メラニン色素の還元、抑制に効果が高いビタミンCを承認基準の最大である2000rも配合している薬で、高い抗酸化作用が期待できます。女性ホルモンを整える成分は含まれていませんが、ビタミンCの含有量が魅力的な薬です。

価格 3780円初回980円
評価 評価4
備考 初回980円|返金保証付き
シミトールの総評

肌の老化は活性酸素が発生することが原因のひとつですが、抗酸化作用の高いシミトールを服用することで”たるみ、しわ”などの予防も期待できます。

 

 

肝斑薬トランシーノ2

トランシーノ2の特徴

第一三共ヘルスケアでお馴染みの「トランシーノ2」

トラネキサム酸を配合しているので、合う人と合わない人の差が大きいですが、合えば高い効果が期待できます。ただし、第1類医薬品に分類されているためその他のシミに効く薬よりは副作用の心配が高いが、効果が期待できます。

価格 5980円
評価 評価3
備考
トランシーノ2の総評

トラネキサム酸の副作用を理解した上で、服用するようにしましょう。

肝斑に効く薬参考記事

 

肝斑を濃くしないためにも日焼けはしない!紫外線対策について

肝斑薬

30代、40代の女性を悩ませる肝斑のケアは行っていますか?

 

実は肝斑は、日に焼けるとどんどん重症化して濃くなってしまう性質を持っています。夏にお肌にダメージを与えてしまった皆さんは要注意ですよ。

 

肝斑がなぜ濃くなってしまうのか、一年中行って欲しい日焼け対策についてもご紹介します。

 

肝斑ってシミとは違うの?

まずは、肝斑って何?と疑問をお持ちの方に、似て非なるものであるシミとの違いについて簡単にご説明します。

 

肝斑は、経口避妊薬の服用や自律神経の乱れ、冷え、更年期障害など、女性ホルモンが正常に働かなくなると現れるシミの一種です。

 

主に30代、40代の女性に現れる肝斑は、普通のシミと勘違いしてしまう方もいるほど厄介なものです。

 

目の下、頬、口元などに左右対称にモヤっとして形がハッキリしていない状態である事が最大の特長と言えます。

 

日焼けは禁物!肝斑と紫外線

肝斑の大きな原因は女性ホルモンですが、紫外線は無関係ではありません。紫外線を浴びると濃くなったり、治りかけても再発してしまう事もあります。

 

紫外線に当たる事でメラニン色素が大量に生成され、ますます濃くなってしまうのです。また、肝斑が出来やすい場所が紫外線の当たりやすいポイントと一致している事からも関係がある事は明らかです。

 

紫外線対策をする事で、シミと肝斑の両方とも悪化させるのを防ぐ事が出来ますので、積極的に紫外線対策をしておけば間違いないと言えます。

 

紫外線だけではなく、シミのレーザー治療やタオルなどの摩擦でも肝斑を悪化させる事もあるのでご注意下さい。

 

肝斑を濃くしたくない!日焼け対策

シミ対策として既に日焼け対策を行っている方も多いとは思いますが、改めて肝斑を濃くしない日焼け対策についてご紹介します。

 

日焼け止め

日焼け対策として一番最初に思いつくのが日焼け止めですが、これもただ塗ればOKと言うワケではありません。

  • 小まめに塗る

日焼け止めは朝塗ってそのままなんて方も意外に多いとは思いますが、汗やお化粧などで落ちてしまいます。
2時間〜3時間置きに塗り直すようにして下さい。ちょっとそこまでのお出掛けや洗濯物を干す時も油断は出来ませんよ。

 

  • ケチらない

もったいなからと少量塗っても日焼け止めの正しい効果は期待できません。500円玉くらいの大きさの量を目安に塗るようにして下さい。

 

  • 一年中塗る

夏しか日焼け止めを使わない方も多いですが、その量は違いますが紫外線は一年中出ていますので、面倒くさがらずにその他の季節も塗るようにしましょう。

内側からも日焼け対策

外側のケアも大事ですが、内側からの対策もとっても大切です。

 

ビタミンCやL‐システインなどが豊富に含まれているようなシミそばかす対策用の医薬品やサプリメントを日焼け止めとして使う愛用者の方もいますので、日焼け対策として一定の効果が期待できます。

 

日焼けしたらしっかりケア

もし日に焼けてしまったと感じたら、そのままにせずにしっかりケアをして下さい。
美白用の化粧品などを多めにつけたり、ケア用の医薬品を服用するなど早めのケアが肝斑の悪化を防ぎます。

 

まとめ

肝斑は女性ホルモンが原因とは言え、紫外線も無視できないのです。

 

出来てしまったものをこれ以上悪化させないためには、女性ホルモンのバランスを整えるのと同時に日焼け対策も行う事が最も有効であると言えます。

 

肝斑の原因にアプローチできる医薬品

 

肝斑に効く薬Best3はこちら